ビールのスタイル

ラガー

ピルスナー/ペールラガー

ピルスナー/ペールラガー

色はディープゴールドから薄い黄色で、白色の泡。日本に置けるいわゆる“スタンダードなビール”です。
若干の差はあるが、概ねスッキリとしたのど越しと切れの良いホップの苦みが特徴。
アルコール度数も5%前後と低いものが多く、乾いたのどを潤すのに最適。

シュヴァルツ

シュヴァルツ

色は真っ黒だが、下面発酵ならではのシャープでスッキリとした口当たりが特徴。
ロースト感やホップの苦み香味は控えめで、モルトの風味が感じられる。
「軽やかな黒ビールが好き」という方にお勧めのスタイル。

ボック

ボック

見た目は淡色から真っ黒まで様々で、色によってさらに細かくへレスボックやデュンケルボックなどに分類できる。共通しているのは高いアルコール度数である。ハイアルコールビールならではのドッシリとした飲み口とが特徴。
ホップのキャラクターは控えめで、概ねモルトの風味が強いスタイルのビール。

ウィンナラガー(メルツェン、オクトーバーフェスト)

ウィンナラガー(メルツェン、オクトーバーフェスト)

ディープゴールドから褐色の液体色で、しっかりとしたボディが特徴。
ドイツのオクトーバーフェストで飲まれるオクトーバーフェストビアもこのスタイルに該当する。濃厚な麦芽風味と控えめなホップ、アルコール度数はやや高めな物が多い。

デュンケルデュンケル

ライトブラウンからダークブラウンの色合い。
カラメルモルトやローストモルト由来の香ばしい甘みやロースト香が特徴で、ホップの香りや苦みは控えめ。見た目は濃色であるが、下面発酵であるためスッキリとした飲み口。

ラオホ

スモーク香が非常に特徴的な濃色ビール。
スモークした麦芽を使用しているため、スモーク香がビールにもしっかりと現れている。
ベーコンやウィンナーなど燻製との相性が抜群。

フルーツラガー

フルーツラガー

さまざまな果物を使用したラガービール。
ビールによってはフルーツの味だけではなく、色や香りにも特徴が現われる。
またそのキャラクターの強弱やアルコール度数もビールによって多種多様。

スペシャリティラガー

スペシャリティラガー

既存のビアスタイルにとらわれない、自由な発想で作られたラガー。
野菜や各種スパイスなど特殊な原料を使用したり、伝統的なスタイルに囚われず通常は組み合わせない原料を組み合わせるなどして造られたビール。造るブルワリーの個性がよく現れるビール。

エール

ペールエール/ゴールデンエール

ペールエール/ゴールデンエール

ペールエールは明るい銅色のビールで、酵母由来のフルーティーな香りとホップの香味苦味が特徴。
ゴールデンエールはペールエールより色が薄く、その名の通り黄金色をしておりペールエールよりスッキリとした味わい。両者ともイギリス産のホップを使用し たイングリッシュスタイルと、アメリカ産ホップを使用したアメリカンスタイルに分けられる。イングリッシュスタイルは紅茶や刈り草のような香り、アメリカ ンスタイルは柑橘を思わせる香りが特徴。

IPA/W-IPA

IPA/W-IPA

IPAはインディアペールエールの略。インドがイギリスの植民地だった時代、イギリスからインドへ輸出する長い航路に耐える為にアルコールを高めホップを 大量に使用して造られたペールエールが発祥。一度は廃れたスタイルだが、近年アメリカのクラフトブルワリーが復刻させ日本でも人気となっている。高いアル コール度数とホップの強烈な苦み、香味が特徴。
W-IPAは近年IPAから進化した新しいスタイルで、IPAよりもさらにアルコール度数、苦味、甘み、香りを強化した強烈なインパクトのあるビール。使用するホップによってイングリッシュスタイルとアメリカンスタイルに大別される。

スタウト/ポーター

スタウト/ポーター

見た目は濃いブラウンから光を通さない黒まで。焙煎した麦芽を使用しているためロースト香や酸味が感じられ、上面発酵ならではのフルーティーサも兼ね備えている。概ね豊かなコクがあるビール。
さらに細かくスタイル分けすると、スッキリとした味わいのドライスタウトや、アルコール度数や苦味、甘みを強化したインペリアルスタウトなどに分けられる。

ヴァイツェン/ヴァイセ/ウィートエール

ヴァイツェン/ヴァイセ/ウィートエール

通常ビールに使われる麦は大麦だが、このスタイルは小麦を使用している。南ドイツ発祥のヴァイツェン、ヴァイセは小麦のタンパク質と酵母がそのままビール に残っている為、白濁した明るい黄金色で、酵母由来のバナナやクローブを思わせるフルーティーでスパイシーな香りが特徴。ホップのキャラクターはほとんど 感じられない。
なお、ヴァイツェンとヴァイセの違いは小麦の使用比率による。ウィートエールはヴァイツェンなどに比べると酵母の香りは穏やかで、ホップの香りや苦みなどでビールのキャラクターを作っている物もある。

ブラウンエール/マイルドエール

ブラウンエール/マイルドエール

イギリスのホップが効いたペールエールに対抗して生まれたスタイル。色は深いブラウン、ホップのキャラクターは控えめで、モルトの豊かな風味を感じられ る。アルコール度数も若干低めの物が多く、その名の通りマイルドな飲み口のものが多い。使用するホップによってイングリッシュスタイルとアメリカンスタイ ルに大別される。

アンバーエール/アルト

アンバーエール/アルト

アンバーエールはアメリカ、アルトはドイツ発祥のビール。共どちらのビールも銅色から琥珀色で、カラメルモルト由来の深いコクや酵母の作りだすフルーティーな香りが特徴。
アンバーエールはアメリカ産のホップを使用し、しっかりした苦味とコクがある。
アルトには欧州産のホップを使用し、苦味は比較的穏やかで飲み口はシャープ。

ケルシュ

ケルシュ

ドイツのケルン発祥のスタイル。薄い黄金色で見た目はピルスナーのようだが苦味やホップの香りは控えめで、酵母由来の白ワインを思わせるようなフルー ティーな香りが特徴。上面醗酵酵母を使用しているが、低温で発酵させるハイブリットスタイルのためスッキリした飲み口が特徴。

バーレイワイン/オールドエール

バーレイワイン/オールドエール

バーレイ=大麦から造られたワインのように濃厚なビール。ワインという単語が含まれるが、ブドウは一切使用されておらず麦芽とホップから造られるれっきと したビール。ワイン並みのハイアルコールで、濃厚なボディとドライフルーツを思わせるような香りと超長期熟成で造られるのが特徴。ゴクゴクと一気に飲むの ではなく、一杯に時間をかけじっくり飲むビアスタイル。使用するホップによってイングリッシュスタイルとアメリカンスタイルに大別される。

ベルジャンスタイルエール

ベルジャンスタイルエール

ベルギー発祥のビアスタイル、または個性的なベルギー酵母を使用したエール。コリアンダーシード、オレンジピールなどを使用したベルジャンウィートや、修 道院で造られるトラピスト、淡色で非常にアルコール度数の高いトリプルなどがある。一般にベルギー酵母はフルーティーでスパイシーな個性的なフレーヴァー を出す物が多い。

フルーツエール

フルーツエール

さまざまな果物を使用したエール。ビールによってはフルーツの味だけではなく、色や香りにも特徴が現われる。
またそのキャラクターの強弱やアルコール度数もビールによって多種多様。

スペシャリティエール

スペシャリティエール

既存のビアスタイルにとらわれない、自由な発想で作られたエール。野菜や各種スパイスなど特殊な原料を使用したり、伝統的なスタイルに囚われず通常は組み合わせない原料を組み合わせるなどして造られたビール。造るブルワリーの個性がよく現れるビール。

その他の発酵様式

天然酵母ビール

天然酵母ビール

自然から採取した野生酵母を使用したビール。味わいは酵母によって様々。
培養されたビール酵母にはない、個性的な香りやフレーヴァーを持つ。

サワーエール/ランビック

サワーエール/ランビック

ランビックはベルギー、サワーエールはアメリカで造られる非常に酸味の強いビール。
野生酵母や乳酸菌、酢酸菌なども発酵に関わっており長期熟成させることにより非常にドライな飲み口と酸味が産まれる。ランビックにフルーツを漬け込んだフルーツランビックなどもある。

PAGE TOP

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
お酒は楽しく、ほどほどに。のんだあとはリサイクル。